小夜嵐

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

壁に漱石 

 遠藤房子は少々神経質なところがあった。
 中背で細身の彼女は、胸がないことを気にしているらしい。「腹の肉はごまかせないけど、胸の肉はごまかせるからいいじゃない」と言ったら「デリカシーがない」と怒られてしまったことがある。細かいことに拘らないわたしみたいなのとは合わないタイプの女性であるのだが……。
 同僚のわたしは、年が近いせいと、職場に女が少ないということから、彼女に友達として認識されてしまったようである。迷惑なことだ。
 しかし、職場の人間関係を重視するわたしとしては、彼女を無下に扱うわけにもいかない。そんなわけで昼休みや仕事帰りに彼女のおしゃべりに付き合わされるはめになった。
 たわいのないおしゃべりにふがふがと相槌を打つくらいならばかまわない。が、最近なにやら深刻な相談事まで持ちかけられるようになってしまった。
「私、ストーカーに狙われてるみたいなの」
「……それはそれは」
「まじめに聞いてる?」
 また怒られた。
 仕方がないので、何を根拠にストーカーされていると思うのか、を丁寧に訊ねる。
「めちゃめちゃ見られてる気がする」
「はあ」
 よほどやる気のない発音だったのだろう、睨まれた。
 ならば聴く気を起こさせる話方をしてほしいと思いつつ、「どんな風に?」と重ねて訊くと、
「部屋にいるとさあ、背中にすっごい視線感じるの。絶対盗聴器とかあると思ってさあ、なんか、あれ、調べるやつ! 友達に借りて調べたんだけど、何も出てこなくて」
 それはストーカーされてないということなんじゃないかな。
「でも視線は感じるんだもん」
「警察に相談したら」
「そんなの無理。動いてくれるわけないじゃない」
 それはそうだ。狙われてる気がするくらいで、盗聴器もカメラも仕掛けられてないのに相手にもされないだろう。
「まあねえ。じゃあ、防犯装置とかつけたら」
「そんなお金ないもん」
 ぶすっと口を尖らせる。
 まあ、いつもの通り気にしすぎなだけだろう、一通り話しつくしてしまえば、精神衛生上のガス抜きは完了である。わたしもここから解放され、快適なでろりとした日常に戻れるのだ。そうしたらとっとと帰ってねっころがってゲームでもやろう。
 そんなことを考えていたら、思わぬことを提案されてしまった。
「ね、うちに来てさあ、ちょっと見てみてくれない?」
「何を」
「だって心配なんだもん」
 会話がかみ合っていない。
 わたしなどに何を見ろというのか。見てどうしろというのか。よくわからないままに「いいから、いいから」と彼女のマンションまで連れて行かれる。
 どうしてこんなことに。
 わたしはドアの前で途方にくれた。古めの建物だが、質は悪くない。
「あがってー」
 部屋の中から彼女が呼びかけてくるので、しぶしぶ入る。
「いい部屋だね」
「でしょ? なんか、家賃が破格に安くってさ、お買い得だったの」
「そうですか」
 家賃を聞いてみると、確かに安い。安すぎる。
 これはストーカーを疑うよりも成仏できないタイプの人を疑ったほうがいいんじゃないかな、とチラと思うものの、口には出さないでおく。わたしは波風を立てるのは嫌いだ。
「お茶入れるねー」
 冷蔵庫からお茶のペットボトルを取り出しながら彼女が言う。
 この場合お茶を淹れる、というよりは投入する方の入れるだから言葉使いとしては入れるでいいのかな、などとどうでもいいことを考えつつ、部屋を観察させてもらった。
 ソファとテレビとローテーブルと観葉植物。ベッドルームは向こうの部屋なのだろう。2LDKとしては悪くない。
 背中に視線を感じる、と言っていたから、ソファの後ろ辺りを怪しんでいると、彼女がお茶のグラスを運んできてくれた。
「そのあたり。何か怪しいよね?」
 ……わたしは怪しさを感じて怪しんでいたのではないのだけど、という反論はしなかった。面倒くさかったのだ。
「ね、何かおかしい? どこがおかしい?」
「そんなこといわれても」
「お、お化けとかいない?」
 あ、やっぱり成仏できない人も疑ってたんだ。
「さあ……ていうか、何でわたしにそんなこと訊くの」
「だって……」
「だって?」
「除霊とかできそうだし」
 できねえよ。
 彼女の中でわたしはどんなイメージに成長しているのか、本気で心配になってきた。
 無言で遠い目をするわたしに、彼女が子犬のような目ですがってきた。
「ね、どうしたらいい? やっぱり何かいるの?」
 不安そうな彼女に、「知るかボケ」とは言えなかった。
「……盛り塩とかしたらいいよ」
 力ないわたしの声に励まされ、彼女の顔が輝いた。
「塩? それなに? 塩がいるの? ちょっと待って!」
 キッチンに駆け込む。「あっ! 塩がない!」という叫びが聞こえてくる。
「ちょっと塩買ってくる! ちょっと待ってて!」
 そのままドアに飛びつき、外に消えていくの彼女をわたしは呆と眺めていた。
 適当に盛り塩をつくって、すみやかに帰ろう。そう心に決めて、お茶でも飲もうとソファに座ろうとしたときだった。視界の隅に違和感。
「ん?」
 よく見ると、壁紙の一部がめくれていた。手抜き工事というか、手抜きリフォームのせいで家賃が安いのだろうか。しかし、よくよく見るとソファ側の壁紙だけ、他の面と少し違うような気がする。
 なんだか気になって、少し剥がしてみた。思ったよりも簡単に剥がれる。ぺろりとした手ごたえだ。のりを使わないで貼って剥がせるタイプの壁紙らしい。
 どうしてこの面だけ、という疑問はすぐに晴れた。
 壁紙の裏が、夏目漱石でびっしりと埋め尽くされていたからだ。
 なるほど、彼女を悩ませていた視線は、この漱石が犯人だったのか。わたしは納得した。こんなに大量の漱石に見つめられては、神経質になるのも無理はないかもしれない。
 ひとつの謎が解決し、新たな疑問が生まれる。
 わたしはこれを追及しようか迷った。即ち、なぜ漱石か、という問いだ。諭吉ならまだ納得できる。しかし漱石では、面積辺りの金額があまりにも低い。こうまでして隠す意味が良くわからない。
 しばし迷った後、わたしは壁紙を元に戻した。
 わたしは波風を立てないタイプの人間なのだ。
 のんびりお茶を飲んでいると、彼女が塩を抱えて帰ってきた。
 わたしは部屋の四隅に盛り塩をして、「もう心配ないよ」と未だかつてないほど爽やかな笑顔を贈ってあげたのだった。

 世はすべからく、こともなし。

スポンサーサイト
thread: ショートショート | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。