小夜嵐

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

優音 

しっとりとした夜気を掻き混ぜて
清涼な風が喉を潤す

雲を透かして星を臨めば
夜だというのに白さを残した空に
黒々とした緑がくっきりと描かれている

木々はさやさやと

蟲の音が風に乱されて
木々はただ さやさやと

さや さや さや

ああ なんて美しい夜だろう

スポンサーサイト
thread: 詩・想 | janre: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: -- | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。